FlexCut は、すべての Summa ビニール プロッター、S One シリーズ、および S Class 2 シリーズで使用できる組み込み機能です。 この機能は、生産フローの柔軟性を高めるために開発されました。 FlexCut は、ロール プロッターを損傷することなく、メディアの単純なデザインをカットしながら、カット素材をまとめて保持します。

さらに追加 フレックス あなたへ カットファイル 線種ツールバーから:

以下に示すアニメーション gif によると、カット ファイルのデザインは、赤い塗りつぶし色が割り当てられた楕円を描くことから始まります。 ライン タイプ ツールバーのボタン PC (印刷 & カット) をクリックすると、通常のカットとなる輪郭を作成するために、選択した楕円に赤色の特殊ライン PC が適用されます。 周りに正方形が描かれています。 ボタン CT (Cut Through) をクリックすると、FlexCut が必要な選択された正方形に青色の特別な線 CT が適用されます。

プロット ボタンをクリックしてアクティブなドキュメントをプロッタにプロットする前に、適切なプロッタと楕円 (PC ライン) と正方形 (CT ライン) の両方が選択されていることを確認してください。

CT と PC の XNUMX つの特殊ラインの存在により、FlexCut (CT) が必要なデータと、コンターまたはレギュラー カット (PC) が必要なデータの違いを検出できます。 規則的または輪郭カット (PC ライン) が必要なデータが最初に送信されます。 次に、FlexCut (CT ライン) をアクティブにして、カットスルーと部分カットを交互に行います。 そうしているうちに、簡単に引き裂くことができます。

プロッタ パラメータを設定する場合 ([デバイス固有の設定] をダブルクリック)、[カットスルー パラメータをオーバーライド] チェックボックスをオンにして、プロッタがパラメータに注意を払うように設定されていることを確認します。

メディアのカットとビニールのハーフカットを交互に行うことで、Summa ビニール プロッターは小さなメディア「ブリッジ」を作成します。 これらのブリッジにより、カットされたメディアが一緒に留まることができます。